aiakuto1 自宅で簡単眼瞼痙攣の治療!薬はある?私が病院なしで治した方法

 

目が乾いたり疲れたり目が痛いなどといった症状はありませんか?

 

目のショボショボから眉間にシワが増え、鏡を見るたびに老けたな。。。と思ってしまう。

 

その症状をドライアイだと思って勘違いしていると、大変な事になりますよ!

 

確かにその症状はドライアイに非常に似ていますが、それは私と同じ「眼瞼痙攣」かもしれません。

この記事では、目がピクピクしてしまう眼瞼痙攣の治療方法や原因について詳しく解説しています。

 

今あなたがまぶたの痙攣に悩まされているのであれば、最後までお読みください。

 

初めは、「何だか目が乾くな。」と思っているだけかもしれませんが、ある期間を過ぎたら突然目が痙攣するようになります。

それを早いところ治療しておかないと大変な事になってしまいます。

 

かといって病院に行くのも何だか怖いし面倒だし。。。。

私もそのように思っていました。

 

ですが私はまぶたがピクピクてしまう眼瞼痙攣をアイアクトというクリームをまぶたに塗っただけで自宅で治療することができました。

治療といっても、現代の医療では眼瞼痙攣を治療する術はありませんので、症状を抑えているだけに過ぎませんが、私はクリームを塗るだけで手軽に眼瞼痙攣の症状を抑えることが出来るようになりましたよ!
 

 

私が眼瞼痙攣だと気づいた経緯

45歳のいたって普通の主婦です。

そこまで目を酷使していないの、になぜか目の乾きや目の痛みがあったので、これはただの疲れ目ではないと思い、片っ端から目のことについて調べ上げました。

 

aiakuto1 自宅で簡単眼瞼痙攣の治療!薬はある?私が病院なしで治した方法

 

これらは私がすべて自分の眼を治すため、勉強をしまくるために買い漁った目についての本たちです。

これらの本に書いてあった症状の通り、私はドライアイだと思い込んでいました。

 

本に書いてあったドライアイの治療法の通りに、まばたきを多くしたり湿度に気を付けたりして目の改善を図ることにしたのです。

そして目の潤いを保つためにちょくちょく目薬もして毎日毎日ドライアイののためのケアをしていました。

 

でも全然良くならない。

それどころか、なぜかまぶたに痙攣が起き始めたのです。

このとき初めて、「あ、これはドライアイじゃない!」と気づきました。

そこで目についたのが、眼瞼痙攣でした。

 

なぜ眼瞼痙攣が目についたかというと、このように本に記載してあったからです。

 

「ドライアイと間違えやすい症状である。」

 

これはもうドンピシャですね。笑

そこから私の眼瞼痙攣に対する研究(?!)が始まりました。

 

あなたもこんな症状ありませんか?眼瞼痙攣のセルフチェック16項目

今から言う項目に当てはまっているほどあなたの眼瞼痙攣の可能性は高くなります。

 

  1. 日常生活で眩しいと思うことが多々ある。
  2. 眼を開けているのが辛く、もはやずっと閉じていたい。
  3. 気づくと目を自然に閉じている。
  4. 目がゴロゴロする。
  5. 常に下を向いていたいと思う。
  6. 目が細くなったといわれる。
  7. まばたきの回数が多い。
  8. 片目だけをつぶってしまう時がある。
  9. 眼を大きく開けることが困難だ。
  10. そういえば眉間にしわが寄ってきた。
  11. 目の周囲がピクピクと動く。
  12. 目の乾きがひどい。
  13. 歩いていても人にぶつかりそうになる。
  14. すでに歩いていたらぶつかったことがある。
  15. 階段の上り下りが非常に苦手になった。
  16. 自転車や車の運転が怖い。

 

これらの項目は、私が眼瞼痙攣になった上で体験した項目です。

あなたも眼瞼痙攣であれば、上記の症状をリアルに感じることができませんか?

 

要チェック!

今放置しているのであれば非常に怖いですよね。

ですが、簡単な方法でその症状を抑えることが出来るので、これから解説していきますね!

 

眼瞼痙攣の治療法とは?

私はすごく病院に苦手意識があり、自分で眼瞼痙攣だとわかっても病院で診察することに躊躇していました。

仕事も忙しいということもありましたが、何よりお医者さんが怖かったのです。(笑)

 

 

で、いろいろ探しても眼瞼痙攣の治療法は出てきません。

 

 

それもそのはずです。

 

今の医療では眼瞼痙攣を直接的に治す方法はないからです。

 

この理由としては、眼瞼痙攣は目の病気というわけではなく、眼瞼痙攣はストレスなど外的要因によってまぶたがピクピクしてしまうからです。

つまり眼瞼痙攣を完全に治すのはそれらの原因を排除するしかありません。ですので眼瞼痙攣を直接的に治す薬は存在しないのです。

 

あれ?言っていることが違うじゃないか。」と思っているかもしれませんがもう少しお聞きください。

 

ただし眼瞼痙攣の症状を抑える方法は存在しました。

 

この時代に行われている眼瞼痙攣の治療法としては、目の周りにボトックス注射をするということです。

ボトックス注射というのは、しわ取りなどの美容関係でも取り扱われていますよね。

 

でも注射を自分でするわけにはいきません。

そこで私が目を付けたのは、まぶたに注射するのではなく、まぶたにボトックスを塗るということです。

 

ボトックス注射をせずとも、ボトックスを直接の周りに塗ってしまえばいいのではないかと!

このように考え、ボトックス成分を配合したクリームを探し始めたのです。

 

あるクリームが私の目に留まる。それは、まぶた痙攣用クリーム「アイアクト」

aiakuto1 自宅で簡単眼瞼痙攣の治療!薬はある?私が病院なしで治した方法

 

眼瞼痙攣の症状を改善しようと、ボトックス成分を配合したまぶた用のクリームがないか探していたところ、あるクリームが私の目に留まりました。

それは、まぶた痙攣用クリーム「アイアクト」というまさに私が探し求めていたクリームでした。

 

なぜ私は「アイアクト」に眼を付けたのか?

それは3つのボトックス成分がアイアクトには含まれていたからです。

 

3つのボトックス成分とは?
  • アルジルリン
  • シンエイク
  • プロジェリン

アイアクトにはこれら3つのボトックス成分が含まれていました。

 

アルジルリン

アルジルリンに関しては、ボトックスと同じ働きがあります。スペインは、韓国と並び美容大国ですが、ボトックス注射が禁止されていました。その代わりにアルジルリンを使用していたというほど、ボトックスと同じ働きがあります。

 

シンエイク

シンエイクはスイスの製薬会社が開発した成分であるアルジルリンの6倍の効果があるものです。

眼瞼痙攣を改善するのはボトックスだと言いましたが、ボトックスの6倍の効果があるシンエイクは海外のセレブたちにも愛用されている成分なのです。

 

プロジェリン

プロジェリンは美容大国韓国の大手企業であるCaregen社によってボトックスの代替品となる成分として作られたものがプロジェリンです。

 

ボトックス注射をせずとも、ボトックスに代わる成分3つが含まれているクリームということでアイアクトを注文しました。

 

ここまで読んでくださったあなたはこう思うかもしれません。

 

「潔く病院へ行けよ!」

 

でも注射が怖いんです。病院が怖いんです。

だって眼瞼痙攣の注射は、目の周りにするものなので、大人でも悲鳴を上げるそうですよ!

 

そんなの怖くていけるわけないじゃないですか。。。。

だから、私は眼瞼痙攣を塗って治すという決断をしたわけです。

 

クリームを注文した理由はそれだけではありません。

通販で、よくわからない商品を購入するのは誰しも怖いと思います。

 

「買って損をしたらどうしよう。。。」

 

これは誰しも思うことです。もちろん私も思っていました。

 

ですが、アイアクトには全額返金保証がついています。

もしかしてこれで直らなければ、返金という保証がついているということも後押しとなり、私は購入に踏み切ったのです。

 

「これで治らなかったら潔く病院で注射をしよう!」

こう思いながらアイアクトの購入ボタンを押したのでした。。。

 

しばらく使ってみての感想は?

しばらく塗っていても、劇的な変化はありませんでした。

塗った翌日にも目はピクピクしていましたし、それにより目の痛さもあまり変わりませんでした。

 

使い始めて3週間頃だったかな?それまで全く意味がないな、このクリームは。。。と思っていたのですが、そのあたりから目のピクピクが気にならなくなっていたのです。

根気よくクリームを塗っていたことで、眼瞼痙攣の症状が徐々に抑えられ、気にならなくなっていることに気が付きました。

 

塗った翌日に劇的に治っていた。ということではなかったため、まったく気づかなかったのですが、症状が気にならないくらいに忘れてしまっているってよく考えたらすごいことですよね。

購入した理由は症状を抑えることを求めてクリームを買ったわけですから。

 

もちろん、症状が治まったのでこれからもクリームをずっと使い続けたいと思っているので返金保証もしていません。

むしろ今ではお得な定期購入もしています。

 

要チェック!

 

ちなみに返金保証期間は90日ということですので、3ヶ月も返金期間に余裕がありますよ!

 

これで直らなければおとなしく注射を打ちに病院へ行くという覚悟、つまり背水の陣でこのクリームを購入したのですが、今では手放せなくなってしまいました。(笑)

これがなくては以前の辛かった毎日に戻ってしまうので、今でも塗り続けています。

  • 目が痛いなぁ。
  • 目が乾くな。

なんてことを思いながら毎日鏡を見て、眼瞼痙攣により眉間にシワが増え、人から目が細くなったといわれ消沈していた私ですが、アイアクトに救われました。

 

あなたも悩んでいるのであれば、アイアクトをぜひ試していただきたいと思います。

 

私もこれで改善しました!

今度はあなたが眼瞼痙攣を治す順番です!

 

私が購入したアイアクトこちらから

aiakuto1 自宅で簡単眼瞼痙攣の治療!薬はある?私が病院なしで治した方法まぶた痙攣用クリーム「アイアクト」

 

参考資料-厚生労働省 医薬品・医療機器

当サイトでは厚生労働省の医薬品・医療機器に基づき執筆しています。

厚生労働省 医薬品・医療機器